FRP防水

FRPとは?

FRPとは、強化繊維プラスチック (Fiberglass Reinforced Plastic) の略称です。ファイバーグラス(ガラス繊維)によって強度を高めたプラスチック樹脂のことで、 耐水性、耐候性に優れ、成型が容易であるのが特徴です。 FRPの優れた特性は、航空機、宇宙関連素材、自動車、水槽、スポーツ用品、建築材として、 多種多様な用途に使用されています。

FRP防水とは?

FRP防水は、強化繊維プラスチックの優れた特性を活かした塗膜防水工法です。 具体的には、液状の軟質不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を混合し、ガラス繊維等の強化材を組み込んで一体化させます。 防水層は幾層にも重ねられ、化学反応によって各層が一体化し、積層することによって強力な防水効果を発揮、一体化することによって継ぎ目のない美しい外観を保ちます。

FRP防水の特徴

  • 軟質ポリエステル樹脂を使用するため、防水層の上を歩行することができます。ベランダ等の施工にも適しています。
  • 耐磨耗性に優れ、駐車場や交通量の多い公共施設などの施工に対応しています。
  • 塗膜防水であるため、全面に継ぎ目がない美しい仕上がりです。
  • 耐水性に優れ、水質にも影響を与えないため、プールや水槽にも適しています。
  • 速乾性に優れるため、短い工期での施工が可能です。
  • メンテナンスはトップコート(一番上部の保護層)の塗り替えで済みます。
  • 重ね塗りをしても下の層と一体化し、強力に防水性能を維持します。

さらに詳しくはこちらのPDFファイルからご覧いただけます。

FRP防水施工の流れ

その他の防水技術

PAGE TOP