塩ビシート防水

塩化ビニル樹脂系シート防水 (塩ビシート防水)とは?

塩化ビニル樹脂等をシート状にした防水シートを用いた防水工法で、下地に接着剤などで貼り付ける「密着工法」と専用金具等を用いて下地に固定する「機械的固定工法」があります。現在日本では塩ビ樹脂系シートが屋上の建築防水として多く採用されています。厚さは1.5~2.0mm の軟質シートです。耐候性のある塩化ビニール樹脂に耐久性を付与した塩ビ防水シートは、紫外線や熱、オゾンに優れた耐久性があります。また、定期的なトップコートを必要とせず、メンテナンスが簡略化できます。塩ビシート防水はシートを貼り付ける工法なので、下地表面に凸凹があっても仕上がりは均一になります。既存の防水層が傷んだ場合は、そのまま塩ビシートを被せて使用することも可能です。施工できる業者が少ないとも言われますが、低コスト・短期間で工事することができる優れた防水工法です。

塩ビシート防水施工の流れ

その他の防水技術

PAGE TOP